今日のSOLA模様 蒼井そら official blog

2011年11月26日 (土)

壊れたiPhone。

先月買ったばっかりのiPhone4s。
2週間程前に、カメラを起動してシャッターが開いても
真っ暗で何も映らなくなりました。

完全にカメラがイカれた模様。

何度か再起動を繰り返し、
映るようにはなったが、
こんな状態。


1322235295116.jpg


1322235296645.jpg


せっかくの写真が台無し。
映っても使い物にはならない。

そして何日か経って起動してみたら
またブラックアウト。

iPhoneの不具合て
なんとなく面倒だと聞いていて
特に保証とか入った気もしないし
とりあえず
どうして良いか分からなくて調べたら、
キャリア(私の場合SoftBank)に持って行っても
対応してくれなさそうなので
AppleStoreに持って行くことにした。


今日の朝一でAppleStore銀座店に電話。
まず、この電話の自動音声が凄かったの。

○人の電話対応スタッフが対応しています。
みたいなアナウンス後、

お客様の前には○人が待っています。
しばらくお待ち下さい。

的な感じのアナウンスがあり
待ってると人数が減っていくの。
あと、どの位待てば良いのか明確で
ダラダラ待たされる感じがないから、
凄いよApple。


無事に予約を取り、
時間ぴったりにAppleStoreに着いたら凄い人。
こりゃ予約の意味無いな
と待つ覚悟を決めつつ
予約の確認をするスタッフに
結構待ちますか?と訪ねると

今、15:20予約のお客様の対応をしてるので
すぐだと思いますよ
と教えてくれた。
ちなみに私の予約は15:30。


待つことまさかの5分。
私の担当は外人さん。
もちろん日本語は話せる。
流暢では無かったけど、
ストレスは感じなかった。

iPhoneの状態を見せ
再起動をしても変わらずな事も確認したら
何のバトルもなく新しい物に交換してくれるコトに。

ビックリ。

友達も2ヶ月程前にココに来て
新しいのに交換して貰えた話は
聞いていたけど、
こんなにすんなり行くとは思ってなかったからただただビックリ。
もちろん水に浸ったとか、
強い衝撃を与えたとかの過失は
私には無いのだけど。


新しいiPhoneに変える手続きでひとり待ってる間
隣のおばさまとスタッフの会話が聞こえてきたんだけど
何かほのぼのする会話をしてて
そのスタッフ対応がホントに心地良かったの。
凄いよAppleStore銀座。


無事に新しいiPhoneを手に入れた私は
保護シートを買いに売り場へ下りた。

銀座と言う場所がらだと思うけど
ここには何カ国語を対応出来るスタッフが
揃ってるのだろうと思う位
外国人のスタッフが多いと感じた。

だからお客さんも多国籍で
海外にいるみたいな感覚だったよ。
何か不思議な空間。

ただ、日本にいるから
日本語が話せるのは当たり前だろうけど、
ビビって話し掛けられずに
店を出たのはココだけの話。


そしてさっき起動して
AppleIDを入力してiCloudに繋げた
私の新しいiPhoneには
既に電話帳が登録されていた。

iPhoneてやっぱスゲーな。
ジョブズグッジョブ!

この先10年後の未来はマジで
どうなってるんだろうか。

電化製品だーいすき。


あー久しぶりに長いブログだった。

|

コメント